アスリートレポート

2014年11月28日

堂森佳南子、都内の小学校で一日校長先生に!

エイベックス・チャレンジド・アスリートの堂森佳南子が、東京都の千代田区立小学校(11月18日)、目黒区立五本木小学校(11月28日)にて一日校長先生を務めました。

授業見学や、講話「障がいについて、前向きに取り組んでいること」では、話を聞いた子どもたちからの質問に答えるなどして交流を深めます。車いすでの生活が始まったばかりの頃の話や、それをどう乗り越えたかを伝える堂森選手に、子どもたちは真剣な表情で耳を傾けていました。

また、堂森選手と子どもたちがラリーをする車いすテニス体験や、競技用車いす体験が行われると、皆が笑顔で体を動かし、大盛況に終わりました。

堂森佳南子、都内の小学校で一日校長先生に!
(教室で子どもたちと触れ合う堂森選手)

堂森佳南子、都内の小学校で一日校長先生に!
(子どもたちとのラリーも楽しんだ)

2014年11月18日

上村知佳、第25回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会で準優勝

11月15日(土)、16日(日)の2日間に渡りグリーンアリーナ神戸で開催された、第25回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会。エイベックス・チャレンジド・アスリートの上村知佳がELFINの一員として出場し、準優勝の成績を残しました。

昨年の大会で優勝したELFINは、シードのため2回戦から出場すると接戦を制して決勝戦進出を果たします。昨年と同カードとなった決勝戦では、序盤に大きなリードを許すと後半追い上げますが力及ばず。惜しくも連覇を逃し、準優勝という結果に終わりました。上村選手は試合を通して出場、チームの中心として攻守に存在感を示していました。

上村知佳、第25回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会で準優勝

2014年11月10日

第34回大分国際車いすマラソン大会、木山由加が8連覇!

エイベックス・チャレンジド・アスリートの木山由加、洞ノ上浩太が出場した、第34回大分国際車いすマラソン大会(11月9日(日)大分県大分市開催)。ハーフマラソン女子T52の木山選手は大会8連覇を達成。フルマラソン男子T53/54に出場した洞ノ上選手は、2位と1秒差の4位でレースを終えました。

朝から降り続いた雨が止んできた頃にスタート。その後も雨が完全に上がることはなく、常に濡れた路面でのレースとなりました。思うような走りができなかったという木山選手は、それでも昨年の自身のタイムを16秒更新する1時間9分54秒でゴールし、大会8連覇という前人未到の偉業を達成しました。 

優勝した選手がレース序盤に抜け出し、2位集団として後を追う展開となった洞ノ上選手。ゴールの大分市営陸上競技場に入ってきた時点で、3人で構成する2位集団の3番手につけていました。トラック1周の短い距離での逆転を狙いますが、わずかに力及ばずタイム1時間28分28秒の4位でゴールラインを通過。悔しさを滲ませた表情でトラックを後にしました。

第34回大分国際車いすマラソン大会、木山由加が8連覇!
(スタートから約2kmの地点を走る木山選手。自身の記録を更新する好走を見せた。)

第34回大分国際車いすマラソン大会、木山由加が8連覇!
(ゴールまであとわずか。水しぶきを上げながら力を出し切る洞ノ上選手。)

第34回大分国際車いすマラソン大会、木山由加が8連覇!
(エイベックス・チャレンジド・アスリートの車いす陸上コンビのますますの活躍にご期待ください!)

2014年11月 4日

筑波大学学園祭で藤本佳伸、峰村史世コーチが講演

11月3日(祝)、筑波大学学園祭の講演会「スポーツと生きる ~障害者スポーツを通して広がる心の絆~」にエイベックス・チャレンジド・アスリートの藤本佳伸、峰村史世コーチが出演。世界の舞台で数多くの経験を持つ2人の話に、会場を埋めた聴衆は真剣に聞き入りました。

午前・午後の二本立てで行われた講演。午後の部では藤本選手、峰村コーチそれぞれにまつわるエピソードを4択のクイズ形式で紹介し、深く掘り下げていく形式で進行していきます。藤本選手は車いすテニスを始めたきっかけや魅力、今後の夢などを話し、競技用車いすの紹介も行いました。峰村コーチはマレーシア代表コーチの経験や、指導する上で重きを置いている点などを伝えます。最後にクイズの最多数正解者へ2人のサイン入り色紙がプレゼントされ、講演会は大盛況に終わりました。

筑波大学学園祭で藤本佳伸、峰村史世コーチが講演

2014年11月 1日

第5回東京ボーイズコレクションに佐藤圭一が出演!

10月30日(木)に国立競技場代々木第二体育館で開催された、第5回東京ボーイズコレクション。エイベックス・チャレンジド・アスリートの佐藤圭一が、「ナミねぇバンド&チャレンジド・アスリート」の一員としてファッションショー出演を果たしました。

舞台には6人のチャレンジド・アスリートが音楽に合わせて次々と登場。佐藤選手はクロスカントリーのユニフォームを身に纏い、ローラースキーに乗って颯爽とランウェイを滑りました。クロスカントリー、バイアスロンに加え、今年からトライアスロンにも本格的に取り組む佐藤選手ですが、競技以外の活動からも目が離せません!

第5回東京ボーイズコレクションに佐藤圭一が出演!

  • 1
ご意見・お問い合わせ