アスリートレポート

2014年12月18日

佐藤圭一、バイアスロン今季初戦に臨む

12月10日(水)から17日(水)までフィンランドのボカティで開催された、IPCノルディックスキーワールドカップ第1戦。エイベックス・チャレンジド・アスリートの佐藤圭一が、バイアスロン、クロスカントリースキーの4種目に出場しました。

今年3月のソチパラリンピック以来の公式戦となった佐藤選手。夏にはトライアスロンに挑戦したため、例年のような準備ができなかったと懸念していましたが、自らの走りに手応えを感じたと話していました。

今シーズンの佐藤選手は、1月11日(日)に北海道旭川市で開催される第17回全日本障害者クロスカントリースキー大会に出場。その後1月下旬にアメリカで世界選手権、2月14日(土)~19日(木)まで旭川で開催されるワールドカップ第2戦に参戦予定です。佐藤選手への引き続きのご声援をよろしくお願い致します!

【大会結果】
バイアスロン ショート(7.5km):11位 21分02秒2 1+1
バイアスロン ロング(15km):9位 43分29秒2 0+1+0+2
クロスカントリースキー スプリントフリー(1.3km):10位
バイアスロン ショート(7.5km)(ビームライフル):12位 24分12秒2 2+0

<※バイアスロンのタイムの後ろに記載されているのは射撃のミス回数。例えば1+0であれば、1回目1発ミス、2回目ミス無しの意味。1回の射撃につき5発を撃つ。ショート、ミドルでは1発外すごとに150mのペナルティループを1周。ロングは1発のミスにつき1分がタイムに加算される。

佐藤圭一、バイアスロン今季初戦に臨む

佐藤圭一、バイアスロン今季初戦に臨む

2014年12月 8日

高田裕士、講演会でメダル獲得を宣言!

12月5日(金)、エイベックス・チャレンジド・アスリートの高田裕士が、荒川区主催の「ハードル(障がい)を跳び越えて~家族三人四脚のアスリート~」講演会に出演しました。

陸上を始めたきっかけや、現在のメイン種目である4×400mハードルを選んだ理由などの競技の話題から講演は始まります。2013年のデフリンピックの映像を流し自ら解説する場面では、会場に集った200人の聴衆が興味深く聞き入っていました。

後半は競技と家族の両立について語り、アスリートと父親という2つの側面を見せた高田選手。最後に今後の目標として、2015年10月に台湾で開催の第8回アジア太平洋ろう者競技大会でのメダル獲得を宣言しました。2017年デフリンピックに向けて着々と準備を進める高田選手へ、これからも応援を宜しくお願い致します!

高田裕士、講演会でメダル獲得を宣言!

2014年12月 1日

上地結衣、シングルスマスターズを4位で終える

11月26日(水)~30日(日)にかけてロンドンで開催された車いすテニスのシングルスマスターズ。ランキング上位8名が出場できるこの大会に、エイベックス・チャレンジド・アスリートの上地結衣がランキング1位として出場しました。

昨年の同大会で優勝した上地選手は、4人による予選リーグを2勝1敗の2位で通過し決勝トーナメント進出を果たしました。しかし準決勝では先行しながらも第1セットを落としてしまうと、相手の勢いが上回り敗れてしまいます。最終日の3位決定戦では予選リーグで敗れた相手に再び敗戦。自らの力を出しきれないまま4位という結果に終わりました。

1年で最後のビッグタイトル獲得こそならなかった上地選手ですが、2014年はダブルスでの年間グランドスラム達成に加え、シングルスでも全仏、全米オープン優勝と華々しい結果を残しました。2015年にさらなる飛躍を目指す上地選手へ、これからもご声援を宜しくお願い致します!

上地結衣シングルスマスターズ

  • 1
ご意見・お問い合わせ