アスリートレポート

2015年10月25日

アスリート交差点:「楽しい」が原動力 舞台は海外、経験値上げ(高桑早生 毎日新聞掲載コラム第3回)

毎日新聞 2015年10月23日掲載

アスリート交差点:「楽しい」が原動力 舞台は海外、経験値上げ=パラリンピック陸上・高桑早生

 22日からドーハで行われている国際パラリンピック委員会(IPC)世界選手権に出場しています。100メートル▽200メートル▽走り幅跳び――が出場種目ですが、自分の記録や世界ランキングが上がるにつれてメダルという目標がはっきりしたものになっている気がしています。
 世界選手権を前に、スタートに関しては以前にも増して意識を向けるようになりました。私自身、短距離の中で一番難しい動きはスタートだと感じていて、こだわって練習していた時期もあります。言葉にするのは難しいのですが、義足の選手は利き足に関係なく、大体義足を後ろにして、健足(義足をつけていない方の足)を前にします。義足が後ろだとセットしやすく、スタートブロックも確実に蹴ることができます。「スタートが遅い」と言われる義足の選手が早く飛び出すことができれば有利――。初めは単純な考えで強化を始め、初出場した2012年ロンドン・パラリンピック前から取り組み始めました。
 結果としてスタートに関しては自信を持ちましたが、今度は「加速」に重点的に取り組むようになると、走り出しの動きがおろそかになってしまいました。効果的に加速するためにも、まずスタートの動きが重要。ブロックを蹴る動きがうまくいっていなかったことに気づき、今夏からもう一度「原点」に立ち返っています。
 グランプリファイナルがあった7月のロンドン、今回のドーハと国際大会が続いています。本格的に海外のレースに出るようになったのは大学生になってからですが、記録の伸びに比例して出場機会も増えています。海外の選手も私の顔を覚えてくれるようになって、会話も少しずつできるようになりました。身ぶり手ぶりを使い、その場の乗りで英語を話す感じではありますが。
 ロンドンのレースでは、ほぼ同年代のオランダ選手が調子が悪そうだと感じて勇気を出して話しかけてみたら、「ケガをした。あなたも気をつけてね」と声をかけられました。部活で同学年の子としていたような会話ができたのはすごく大きなことで、海外の選手の動きが「いつもと違う」と感じることができたのも、経験値が上がった証拠かなと感じています。
.....................................................................................................................
 ■人物略歴
 ◇たかくわ・さき
 埼玉県熊谷市出身。小学6年で骨肉腫を発症し、中学1年で左脚膝下を切断した。初出場した2012年ロンドン・パラリンピックで陸上100メートル、200メートルともに7位。エイベックス所属。23歳。

2015年10月16日

上村知佳、アジアオセアニア大会で無念の3位

10月10日(土)から17日(土)に渡って千葉ポートアリーナで開催された「三菱電機2015IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップ」。エイベックス・チャレンジド・アスリートの上村知佳選手が日本代表の一員として熱いプレーを披露しました。

日本代表の要として、精神的支柱の役割も果たす上村選手。リーグ戦最初の2試合こそベンチスタートでしたが、残りの試合は全てスタメンで出場。実力で上回る相手に対しリング下で奮闘しますが、残念ながら準決勝敗退という結果に終わりました。

連日試合が行われた今大会は、平日でも多くの観客が日本代表へ声援を送り続けてくださいました。応援ありがとうございました!

【上村選手出場記録】
・リーグ戦
10日(土)日本 42-53 オーストラリア 出場時間17分35秒、得点4、リバウンド4
11日(日)日本 37-48 中国 出場時間13分15秒、得点0、リバウンド1
13日(火)日本 47-61 オーストラリア 出場時間19分45秒、得点2、リバウンド4、先発
14日(水)日本 38-59 中国 出場時間14分50秒、得点2、リバウンド5、先発
・準決勝
15日(木)日本 49-69 オーストラリア  出場時間11分59秒、得点2、リバウンド1、先発

2015年10月11日

高桑早生、トークショー&ふれあい短距離走教室に出演!

エイベックス・チャレンジド・アスリートの高桑早生選手が、10月11日(日)に東京お台場のパナソニックセンター東京で開催された『第8回パナソニックセンター東京福祉イベント 2020年へ向かって「レッツ・チャレンジ!」~障がいがあっても、ぼくらの未来は無限大∞~ トークショー&ふれあい短距離走教室』に出演。親子連れを中心とした約70人の参加者と、約2時間に渡るふれあいの時間を楽しみました。

第1部のトークショーでは、義足を使うようになった経緯や陸上を始めたきっかけ、競技にまつわるエピソードなどを披露。自らの体験を基に「夢を持つことはもちろん大事だが、夢が目標に変わる瞬間がより大切」と、目標設定の重要さを伝えました。

第2部はふれあい短距離教室。まず全員で輪になってゲームを行い緊張をほぐすと、両腕を大きく回しながらのスキップなど、自らが試合前に行うこともある動きを実際に体験してもらいます。走るという動作には、全身の様々な筋肉が関係していることを伝えると、感心した表情を見せる参加者の姿もありました。

イベントの最後に行われた記念撮影では長蛇の列ができる人気を見せた高桑選手。競技者としての彼女には、IPC陸上世界選手権(10月22日(木)から31日(土)までカタールのドーハで開催)という大きな挑戦が待ち受けています。様々なシーンで活躍する高桑選手へ、熱いご声援をよろしくお願い致します!

高桑早生、トークショー&ふれあい短距離走教室に出演!
第1部はステージから参加者に語りかけた

高桑早生、トークショー&ふれあい短距離走教室に出演!
生活用義足から競技用義足へ付け替える場面も

高桑早生、トークショー&ふれあい短距離走教室に出演!
第2部では参加者と一緒に体を動かす

高桑早生、トークショー&ふれあい短距離走教室に出演!
リレーにチャレンジする参加者を見守る高桑選手

2015年10月 7日

高田裕士、アジア太平洋大会で銀メダル獲得!

10月3日(土)から11日(日)まで台湾北部の桃園市にて開催されている、第8回アジア太平洋ろう者体育大会。エイベックス・チャレンジド・アスリートの高田裕士選手が、陸上競技(4日~6日)の日本代表として400mハードルに出場し銀メダルを獲得しました!三枝浩基選手は怪我が完治せず、大事を取って無念の欠場となっています。

連日30度を超える気温と、強い陽射しの下で行われた陸上競技。最終日の第1種目として開催された400mハードルには、高田選手を始め、イラン、カザフスタン、台湾からの計4選手が出場しました。「実際のレースで走ってみると思ったよりトラックが柔らかく、最初のハードルから歩数がずれてしまった」という高田選手でしたが、得意とするレース前半で先頭に立ち、最後のストレートへと入っていきます。しかしここからイランの選手が猛追し、残り数十メートルで逆転。高田選手は遅れること約0.5秒の57秒49で2位となりました。

悔しそうな表情を見せながらも「走力では世界でもトップクラスなので、あとはハードルを越える技術を磨いていくだけ」とレース後に語った高田選手。その視線の先にあるのは、2016年の世界選手権(ブルガリア)、2017年のデフリンピック(トルコ)での金メダル獲得です。デフ陸上で頂点を目指す高田選手、三枝選手へ、引き続きのご声援をよろしくお願い致します!

高田裕士、アジア太平洋大会で銀メダル獲得!
最初のハードルを越える高田選手

高田裕士、アジア太平洋大会で銀メダル獲得!
表彰台では、掲揚される日の丸を見て感極まる場面も

高田裕士、アジア太平洋大会で銀メダル獲得!
スタートブロックの先にある小さいランプが青く光るとスタート。デフ陸上では音に代わる様々な方法でスタートの合図が行われる

高田裕士、アジア太平洋大会で銀メダル獲得!
各レース前には、ランプが光るタイミングの確認作業も行われた

  • 1
ご意見・お問い合わせ