アスリートレポート

2015年11月24日

正木健人、半谷静香が柔道日本一!

11月22日(日)に柔道の聖地・講道館で開催された第30回記念全日本視覚障害者柔道大会に、エイベックス・チャレンジド・アスリートの正木健人、半谷静香の両選手が出場。それぞれの階級で日本一に輝きました。

男子100kg超級の正木健人選手は国内に相手がおらず不戦勝で優勝。女子48kg級の半谷選手も同階級のエントリーが他に無かったため自動的に優勝となりましたが、1つ上の52kg級選手とのオープン戦に臨み、得意の一本背負いからポイントを取って勝利を飾りました。

国内ではなかなか実戦の機会が無い2人ですが、日々真剣に稽古に取り組んでいます。主戦場は世界の舞台!2人の柔道家へ、これからもご声援よろしくお願い致します!

正木健人、半谷静香が柔道日本一!
52kg級選手とのオープン戦に臨んだ半谷選手

正木健人、半谷静香が柔道日本一!
エイベックスの柔道コンビへ、ご声援をよろしくお願い致します!

2015年11月16日

上地結衣、前人未到のJWTAマスターズ8連覇!

11月13日(金)から15日(日)まで千葉県柏市の吉田記念テニス研修センターで開催された、第25回NEC全日本選抜車いすテニス選手権大会(通称:JWTAマスターズ)。エイベックス・チャレンジド・アスリートの上地結衣選手が、5試合でわずか2ゲームしか落とさない圧倒的な力で、14歳で初優勝してから8連覇という偉業を達成しました。

予選リーグ3試合をパーフェクトな3連勝で終えた上地選手。準決勝も6-0、6-0のストレートで完勝し、決勝戦へと駒を進めます。決勝戦では第1セットで今大会初めてゲームを落としますが、徐々に調子を上げ、終わってみれば6-2、6-0の快勝でタイトルを獲得しました。

今年の国内大会を優勝で締めくくった上地選手は、12月上旬にロンドンで開催されるシングルスマスターズに出場予定。今度は世界のシングルス頂点を目指してのプレーとなります。世界一の称号をかけて戦う上地選手に、引き続きのご声援をよろしくお願い致します!

上地結衣、前人未到のJWTAマスターズ8連覇!
世界レベルのプレーで観客を魅了した

上地結衣、前人未到のJWTAマスターズ8連覇!
前人未到の8連覇。この勢いはどこまで続くのか

2015年11月10日

峰村パラスイムスクワッド、フリーリレーで銀メダル!

11月7日(土)、8日(日)の2日間に渡り宮城県総合運動公園総合プールで開催された、第32回日本身体障がい者水泳選手権大会。エイベックス・チャレンジド・アスリートからは、峰村パラスイムスクワッドの4選手が出場し2つの日本新を記録した他、チームリレーでは見事銀メダルを獲得しました。

西田杏選手が50m平泳ぎで、小池さくら選手が200m自由形でそれぞれ日本新記録の快挙を達成。最終種目の混合200mフリーリレーでは、ラスト5mで逆転して2位の座を勝ち取りました。各選手の成長だけでなく、チームとしての一体感も目立った大会でした。

【記録】
・西田杏(S8/SB7/SM8)
100m平泳ぎ:2分03秒96 決勝1位 ※大会新記録
100mバタフライ:1分29秒21 決勝1位 ※大会新記録
50m平泳ぎ:56秒45 決勝1位 ※日本新記録
峰村パラスイムスクワッド、フリーリレーで銀メダル!

・小池さくら(S7/SB6/SM7)
400m自由形:6分14秒78 決勝2位
200m自由形:3分05秒09 決勝1位 ※日本新記録
50m自由形:40秒68 決勝2位 ※大会新記録
峰村パラスイムスクワッド、フリーリレーで銀メダル!

・田中正幸(S6/SB6/SM6)
50mバタフライ:47秒40 決勝4位
100m背泳ぎ:2分14秒18 決勝4位
峰村パラスイムスクワッド、フリーリレーで銀メダル!

・三井隆汰(S6/SB6/SM6)
50mバタフライ:51秒59 決勝5位
50m平泳ぎ:1分07秒13 決勝5位
峰村パラスイムスクワッド、フリーリレーで銀メダル!

・チームリレー
混合200mメドレーリレー(28p):決勝失格(予選タイム3分35秒30)
混合200mフリーリレー(28p):2分50秒00 決勝2位(予選タイム2分52秒29)

  • 1
ご意見・お問い合わせ