アスリートレポート

2016年10月 6日

アスリート交差点:「楽しい」が原動力 宿題と収穫のリオ(高桑早生 毎日新聞掲載コラム第8回)

毎日新聞 2016年10月6日掲載

アスリート交差点:「楽しい」が原動力 宿題と収穫のリオ=パラリンピック陸上・高桑早生

 私にとって2度目のパラリンピックだったリオデジャネイロ大会は、悔しさと収穫の両方を感じました。3種目に出場して100メートルは8位、200メートルは7位、そして走り幅跳びは5位。「やり切った」という思いはありますが、「このままでは終われない」と、2020年東京パラリンピックへの意欲も出てきました。

 走り幅跳びの記録は4メートル95が最高でした。指標にしていた5メートルに届かなかった原因を今になって考えてみると、パラリンピックの雰囲気にのまれていたのだと思います。5メートル83の世界記録で優勝したフランスのルフュール選手と英国の選手の一騎打ちになることは予想していて、3番手にどう食い込んでいくかを考えていましたが、助走から踏み切りまでのリズムが明らかに普段と違う。感覚を取り戻すことができず、自分を見失っていました。

 他の選手と並んで自分の記録を見た時に、まず感じたのは「見栄えがしないな」ということ。メダルを取れなかった結果だけでなく、5メートル台の記録が見えてこなかったことは「かっこよくない」と思ってしまいました。昨年の世界選手権では銅メダルを獲得しましたが、自分はまだ上位の選手とは渡り合えていません。競技は日本のテレビでも生中継されていたので、なおさらいい姿を見せたかった。日本に帰ってきて、「見たよ」と言われた時にその思いが強くなりました。

 最も力を入れている100メートルでは、予選で13秒43のアジア記録を出すことができました。13秒59の自己ベストを更新しましたが、決勝では順位を上げることができませんでした。好記録を出したことに自信をつかみましたが、「もっと記録を伸ばせる」とテンションも上がってしまった。気持ちばかりが先走ったのだと思います。

 しばらく走りたくない。大会を終え、そういう感覚に襲われたのは初めてです。競技を離れたいのではなく、今はゆっくりとリオでの日々を振り返りたい。時間の経過とともに体力は衰えます。4年間準備するしんどさを経験した分、クールダウンの必要性も感じています。すべては、東京で最高の自分を表現するためです。

.....................................................................................................................

 ■人物略歴

 ◇たかくわ・さき

 埼玉県熊谷市出身。小学6年で骨肉腫を発症し、中学1年で左脚膝下を切断した。初出場した2012年ロンドン・パラリンピックで陸上100メートル、200メートルともに7位。エイベックス所属。24歳。

  • 1
ご意見・お問い合わせ