アスリートレポート

2017年6月19日

網本麻里、オーストラリアリーグで活躍中!

4月から7月にかけて開催されている、オーストラリア女子車いすバスケリーグWNWBL(Women's National Wheelchair Basketball League)。リーグ参戦常連となっているエイベックス・チャレンジド・アスリートの網本麻里は、異国の地でもチームの中心選手として大活躍しています。

ブリスベンを本拠地とするクイーンズランド・コメッツ(Queensland Comets)でプレーする網本麻里。6月16日(金)から18日(日)までメルボルンで開催されたリーグ戦第4節の全4試合に出場し、ゲームメイクから得点源まで、チームに欠かせない選手として様々な役割をこなしました。今節を2勝2敗で終えたチームは、現在6チーム中4位。「来月の第5節(最終節)での結果次第で、昨年は届かなかったプレーオフに進出できる。ただ、日程が全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会と重なっているので、ヘッドコーチが日本のチームに「プレーオフ進出にはどうしても麻里の力が必要だから、こっちでプレーさせてほしい」とメールでお願いしたと言っていた。まだどうなるかはわからない」と話しています。

どのチームからも必要とされる存在として、国境を越えて活躍する網本麻里。これからも皆様のご声援をよろしくお願い致します!

<試合結果>
第1試合:対Be Active Western Stars ●50-74 出場時間:38分、26得点
第2試合:対Sydney Metro Blues ●43-70 出場時間:36分、20得点
第3試合:対Kilsyth Cobras ○57-47 出場時間:40分、37得点
第4試合:対Red Dust Lady Heelers ○48-33 出場時間:36分、27得点

amimoto_20170618_ar1.jpg
チームの中心選手として大活躍

amimoto_20170618_ar2.jpg
網本麻里には「15番」が似合う

  • 1
ご意見・お問い合わせ