アスリートレポート

2014年7月20日

高田裕士と三枝浩基、第11回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会を制す!

7月19日(土)に鳥取県鳥取市のコカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場で開催された、第11回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会に、エイベックス・チャレンジド・アスリートの高田裕士選手と三枝浩基選手が出場しました。

30度を超える暑さの中、三枝選手は100mと200mに出場。100mでは予選を11秒72の3位で通過すると、決勝では10秒96(追い風3mのため参考記録)のタイムを叩き出して見事な優勝を飾ります。ゴール後、自らのタイムを確認した三枝選手は、固く拳を握り勝利を祝いました。200mは23秒10の2位で予選を突破。決勝では惜しくも1位に100分の7秒及ばず、22秒71で2位に終わりました。

高田裕士と三枝浩基、第11回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会を制す!
(100m決勝で力走する三枝選手)

高田選手は本来の競技種目である400m、400mハードルを体調不良のため棄権しますが、人生初の800mに出場しました。最良のコンディションではありませんでしたが、最後のストレートでデッドヒートを繰り広げ、100分の1秒差でトップでのゴール。タイムは2分7秒57でした。

高田裕士と三枝浩基、第11回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会を制す!
(初出場の800mで日本一に輝いた高田選手)

揃って日本一の座を手にした高田選手と三枝選手。エイベックス・チャレンジド・アスリートのデフ(聴覚障がい)陸上コンビのますますの活躍が期待されます!引き続きの応援を宜しくお願い致します!

高田裕士と三枝浩基、第11回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会を制す!

2014年6月29日

三枝浩基、神奈川陸上競技選手権大会に出場

エイベックス・チャレンジド・アスリートの三枝浩基選手が、6月29日に横浜市営三ツ沢公園陸上競技場で開催された第69回神奈川陸上競技選手権大会で100mに出場。タイムは11秒31で惜しくも準決勝進出は果たせませんでしたが、力強い走りを見せてくれました。

三枝選手は、7月19日に鳥取県で開催される第11 回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会に出場予定。一般の大会にも積極的に参加し速さを磨く三枝選手が、デフ100m日本一の座を目指します。障がいを越えて活躍する三枝選手への応援をよろしくお願い致します!

三枝浩基、神奈川陸上競技選手権大会に出場

  • 1
ご意見・お問い合わせ