athlete report

突然のパラデュアスロンで佐藤圭一が6位!

2016/06/20 update

エイベックス・チャレンジド・アスリートの佐藤圭一が、6月19日(日)にフランス東部のブザンソンで開催された2016ブザンソンITUワールド・パラトライアスロン・イベントに出場。リオ出場枠争奪ランキングポイントの最後の対象レースを6位でフィニッシュしました。

フランスを悩ませる大雨の影響がブザンソンにも及び、スイムコースの川は増水。泳ぐのが危険と判断されたため、急遽デュアスロン(ラン1:2.5km、バイク:40km、ラン2:5km)へと種目が変更されました。

ラン1では通常のスイムよりもタイム差がつかず、トップ選手から1分の間に10人以上の選手が密集してバイクパートへ突入。「バイクで集団になってしまって抜け出すことができず、自分の強みを出せなかった」と、得意のバイクでタイムを稼ぐことができない展開になってしまいました。ラン2では好タイムは出したものの、トップタイムの選手には1分近く離されて6位でのフィニッシュ。レース後には「ランのタイムもさらに縮めていかないと上位には食い込めない。世界にはまだまだ速い選手もいる」とコメントしています。

今大会をもって、2015年7月からのリオ出場枠争奪ランキングポイント期間が終了。佐藤選手はランキング11位で現時点での出場枠獲得は叶わず、今後の枠振り分けを待つこととなりました。パラトライアスロンの動向に引き続き注目です!

【記録】
ラン1:8分01秒
トランジション1:53秒
バイク:33分02秒
トランジション2:54秒
ラン:17分13秒
総合タイム:1時間00分00秒

突然のパラデュアスロンで佐藤圭一が6位!
デュアスロンのためスタートは集団でのラン

突然のパラデュアスロンで佐藤圭一が6位!
大きなタイム差がつかず、常に他の選手が視界に入るレースだった

PREV

NEXT