athlete report

正木健人、リオへ。半谷静香は惜しくも敗れる。

2016/05/05 update

5月4日(水)、柔道の聖地・講道館で行われたリオデジャネイロパラリンピック柔道競技日本代表候補選手選考大会に、エイベックス・チャレンジド・アスリートの2選手が出場。正木健人選手はリオ日本代表への推薦が決まりましたが、半谷静香選手は残念ながら2大会連続のパラリンピック出場を果たすことができませんでした。

100kg超級には正木選手含め2名が出場予定でしたが、対戦相手が棄権。不戦勝での優勝に複雑な表情を浮かべる場面もありましたが、気持ちをリオに向けて切り替えています。

半谷選手は、本来の48kg級から2階級上げて、4人が出場する57kg級での挑戦。初戦では投げ技で技ありを取り優位に立ちますが、抑え込みで一本を取られ痛恨の黒星発進となりました。2試合目は投げ技からの抑え込みで一本勝ち。一本勝ちが必要な最終試合で果敢に攻め入りますが、一瞬の隙を突かれて抑え込まれて万事休す。優勝者のみが進むことのできたリオへの道は閉ざされてしまいました。

ディフェンディングチャンピオンとしてリオに臨む正木選手と、次の目標を目指す半谷選手。2人の柔道家へ、これからもご声援をよろしくお願い致します!

正木健人、リオへ。半谷静香は惜しくも敗れる。
3試合全てで攻めの柔道を見せた半谷選手

PREV

NEXT