アスリートレポート

2017年7月27日

金持義和がリレーで銅メダル!デフリンピックを銀4、銅3で終える

第23回夏季デフリンピック競技大会サムスン2017の大会9日目となる7月26日(水)。最終日を迎えた水泳競技にエイベックス・チャレンジド・アスリートの金持義和が4×100mフリーリレーに出場し、日本の銅メダル獲得に貢献しました!

予選第1組に登場した日本チームは、スタートから一度もトップを譲ること無くアンカーの金持につなぎます。金持はイギリス、中国の猛追をかわし55秒62で泳ぎ、タイム3分45秒05での1位でフィニッシュ。夕方に行われる決勝への切符を手にしました。

決勝でもアンカーを務めた金持は、3位でプールに飛び込みます。約2秒差で前を泳ぐウクライナに対し、1秒以上差を縮める素晴らしい泳ぎを見せますが、惜しくも逆転は叶わず。金持の記録は52秒50、日本は3分35秒44で3位の銅メダルでした。尚、幾度となく日本選手の前に立ちはだかったロシアが、またしても世界新記録の3分28秒49で金メダルを手にしています。

金持義和のデフリンピックは、出場7種目全てでメダルを獲得し、銀メダル4、銅メダル3という結果で幕を閉じました。皆様のご声援、ありがとうございました!

kanaji_20170726_ar3.jpg
大会最終種目をアンカーとして締めくくった金持。

kanaji_20170726_ar4.jpg
鬼気迫る泳ぎで2位のウクライナに肉薄する。

kanaji_20170726_ar5.jpg
持てる力を全て出し切った。

<金持義和デフリンピック結果>
50m背泳ぎ:27秒29 銅メダル
100m背泳ぎ:57秒87 銀メダル
200m背泳ぎ:2分07秒77 銀メダル
4×100mフリーリレー: 3分35秒44(金持:52秒50) 銅メダル
4×200mフリーリレー:7分51秒82(金持:1分57秒51) 銀メダル
4×100mメドレーリレー:3分55秒87(金持:58秒47) 銀メダル
混合4×100mメドレーリレー:4分13秒37(金持:59秒24) 銅メダル

【エイベックス・チャレンジド・アスリート Twitter】
https://twitter.com/avex_athletes/

【エイベックス・チャレンジド・アスリート facebook】
https://www.facebook.com/avexchallengedathletes/

【金持義和 Official Blog】
http://ameblo.jp/kanaji-yoshikazu/

【金持義和 Facebook】
https://www.facebook.com/kanaji.avex

2017年7月26日

金持義和、100m背泳ぎでデフリンピック4つ目の銀メダル!!

7月25日(火)に水泳競技5日目を迎えた、第23回夏季デフリンピック競技大会サムスン2017。エイベックス・チャレンジド・アスリートの金持義和が100m背泳ぎに出場し、銀メダルを獲得しました!

金持は午前中の予選第3組に登場。余裕を持った泳ぎで、59秒75の1位で決勝進出を果たします。決勝では50mを27秒86とハイペースで泳ぎ、トップと0.83秒差の2位で折り返し。ここから逆転したいところでしたが、大会前からライバルとして警戒していたアメリカ選手が56秒09のデフリンピック新記録で優勝となりました。それでも後続の猛追を抑え、タイム57秒87の2位でフィニッシュした金持。4つ目となる銀メダルを手にしました。

連日熱戦が繰り広げられた水泳競技も、翌26日(水)で最終日を迎えます。金持は4×100mフリーリレーに出場予定。最後の種目に臨む金持義和へ、ご声援よろしくお願い致します!

kanaji_20170725_ar1.jpg
最後の個人種目でも力強い泳ぎを見せた

kanaji_20170725_ar3.jpg
ライバルのアメリカ選手が50m、100m、200mの3種目全てで金メダル獲得。銀メダルにもどこか表情が固い。

【エイベックス・チャレンジド・アスリート Twitter】
https://twitter.com/avex_athletes/

【エイベックス・チャレンジド・アスリート facebook】
https://www.facebook.com/avexchallengedathletes/

【金持義和 Official Blog】
http://ameblo.jp/kanaji-yoshikazu/

【金持義和 Facebook】
https://www.facebook.com/kanaji.avex/

2017年7月25日

高田裕士が400mハードル8位入賞!金持義和はリレーでメダル2つ獲得!

第23回夏季デフリンピック競技大会サムスン2017、陸上2日目、水泳4日目の7月24日(月)。エイベックス・チャレンジド・アスリートの高田裕士が400mハードル決勝で8位入賞、金持義和は2つのリレーに出場し銀と銅のメダルを手にしました。

400mハードル決勝に臨んだ高田裕士。第1レーンを走った高田は好スタートを切りますが、世界のトップ選手にじわじわと離されていく苦しい展開に。記録59秒68の8位でフィニッシュすると、しばらくトラックに座り込み悔しそうな表情を見せました。優勝はタイム52秒83のロシア選手でした。

takada_20170724_ar1.jpg
2つ目のハードルを跳ぶ高田。

takada_20170724_ar2.jpg
レース後はしばらく立ち上がれなかった。

金持義和は2種目に登場。まず混合4×100mメドレーリレー予選に第1泳者(背泳ぎ)として出場し、1分00秒97を記録。日本チームは4分19秒10でフィニッシュし、予選第1組1位で堂々の決勝進出を果たします。決勝では59秒24で泳ぎ、チームの銅メダル獲得(タイム4分13秒37)に貢献しました。レースは世界新記録の4分07秒20で泳いだロシアが制しています。

男子4×100mメドレーリレー予選では、やはり第1泳者(背泳ぎ)として1分00秒72で次の選手へとつなぎました。日本のタイム4分06秒45は予選第1組2位で、こちらも決勝へと駒を進めます。決勝タイムは58秒47で、日本は3分55秒87の2位で銀メダルに輝きました。優勝はまたしても世界新記録のロシアで、タイムは3分48秒86でした。

kanaji_20170724_ar1.jpg
4レースを泳ぐタフな1日となった金持。

kanaji_20170724_ar2.jpg
予選レース後にチーメイトと話し合う。

高田裕士は28日(金)の4×400mリレー準決勝に出場予定。獲得メダルを銀3個、銅2個とした金持義和は、25日(火)の100m背泳ぎで悲願の金メダルを狙います。異国で戦うデフアスリート達に、大きなご声援をよろしくお願い致します!

【エイベックス・チャレンジド・アスリート Twitter】
https://twitter.com/avex_athletes/

【エイベックス・チャレンジド・アスリート facebook】
https://www.facebook.com/avexchallengedathletes/

【高田裕士 Official Blog】
http://ameblo.jp/takada-yuji-blog/

【高田裕士 Facebook】
https://www.facebook.com/Yuji.400m/

【金持義和 Official Blog】
http://ameblo.jp/kanaji-yoshikazu/

【金持義和 Facebook】
https://www.facebook.com/kanaji.avex

2017年7月23日

200m背泳ぎで銀!金持義和が3つ目のメダル獲得!

7月22日(土)に水泳競技3日目を迎えた、第23回夏季デフリンピック競技大会サムスン2017。エイベックス・チャレンジド・アスリートの金持義和が200m背泳ぎに出場し、銀メダルを獲得しました!ここまで3種目に出場して銀2、銅1となっています。

予選では第2組に登場した金持。100mまではロシア選手とトップを争いながらの泳ぎとなりましたが、後半に加速し1位でフィニッシュ。タイム2分10秒50で、総合2位で決勝進出を果たしました。

決勝では、ライバルのアメリカ選手がスタートから後続に大きく差をつけてリード。そのままフィニッシュし、2分01秒96の世界新記録で優勝しました。100m地点で4位だった金持は、後半じわじわとスピードを上げ150mを3位でターン。さらにフィニッシュ直前で1人追い抜き、記録2分07秒77の2位で銀メダルを手にしました。

これでメダルカウントを銀2個、銅1個とした金持。残すは24日(月)の4×100mメドレーリレー2種目、25日(火)の100m背泳ぎ、26日(水)の4×100mフリーリレーの4種目となりました。狙うはもちろん金メダル。引き続きのご声援をよろしくお願い致します!

kanaji_20170722_ar1.jpg
緊張の一瞬。目の前の装置が緑に点灯したらスタートとなる。

kanaji_20170722_ar2.jpg
レース後、結果を示す電光掲示板をじっと見つめる金持。

kanaji_20170722_ar3.jpg
銀メダルを手にテレビカメラにサービス。

【エイベックス・チャレンジド・アスリート Twitter】
https://twitter.com/avex_athletes/

【エイベックス・チャレンジド・アスリート facebook】
https://www.facebook.com/avexchallengedathletes/

【金持義和 Official Blog】
http://ameblo.jp/kanaji-yoshikazu/

【金持義和 Facebook】
https://www.facebook.com/kanaji.avex/

2017年7月22日

金持義和、連日のメダル!4×200mフリーリレーで銀!

第23回夏季デフリンピック競技大会サムスン2017の大会4日目。水泳競技にとっては2日目となった7月21日(金)、エイベックス・チャレンジド・アスリートの金持義和が4×200mフリーリレーに日本チームの一員として出場し、見事に銀メダルを手にしました!!

日本は午前中の予選第1組に登場。金持は第3泳者として2分03秒03で泳ぎ、レースを優位に進めるチームのバトンをつなぎました。結果は8分11秒48で、予選第1組2位、総合3位で決勝進出を決めます。

夕方の決勝では第2泳者となった金持。予選時のタイムを大きく上回る1分57秒51で泳ぎきると、後に続くチームメイトに懸命に声をかけ応援します。世界新記録の7分40秒91を叩き出したロシアには敵いませんでしたが、日本チームは7分51秒82の2位でフィニッシュ。銀メダルを獲得しました。

前日の50m背泳ぎ銅メダルに続く、2つ目のメダルを手にした金持義和。22日(土)は200m背泳ぎに出場予定です。さらなるメダルを狙う金持義和へ、応援よろしくお願い致します!

kanaji_20170721_ar1.jpg
力強い泳ぎでチームのメダル獲得に貢献した

kanaji_20170721_ar2.jpg
大きな声を出してチームメイトを鼓舞する金持(中央)

kanaji_20170721_ar3.jpg
2種目でメダル2つ。どこまで記録を伸ばせるか。

【エイベックス・チャレンジド・アスリート Twitter】
https://twitter.com/avex_athletes/

【エイベックス・チャレンジド・アスリート facebook】
https://www.facebook.com/avexchallengedathletes/

【金持義和 Official Blog】
http://ameblo.jp/kanaji-yoshikazu/

【金持義和 Facebook】
https://www.facebook.com/kanaji.avex/

2017年7月21日

金持義和、デフリンピック初戦50m背泳ぎで銅メダル!!

7月18日(火)にトルコのサムスンで開幕した、第23回夏季デフリンピック競技大会サムスン2017。大会3日目の20日(木)に、エイベックス・チャレンジド・アスリートのデフスイマー金持義和が初登場し、50m背泳ぎで銅メダルを獲得しました!

計7種目に出場予定の金持義和、その中でも50m背泳ぎは世界記録を持つ得意種目。予選では27秒91の好タイムで危なげなく決勝進出を果たしました。しかし、予選トップタイムのロシア選手に27秒05の世界新記録を叩き出され、目の前で自らの記録を塗り替えられてしまいます。

夕方に行われた決勝レースは、地元観客も駆けつけ満員のスタンドの前で行われます。アメリカ選手が26秒26という驚異の世界新で優勝、ロシア選手が27秒00、金持は27秒29で3位に入り、見事銅メダルを獲得しました。

初日からメダルスタートとなった金持義和。21日(金)は4×200mフリーリレーに出場予定です。ご声援よろしくお願い致します!!

kanaji_20170720_ar1.jpg
会場のサムスンオリンピックプール

kanaji_20170720_ar2.jpg
銅メダルを獲得した決勝レース

kanaji_20170720_ar3.jpg
4年に1度のデフリンピック。金持義和の戦いは始まったばかりだ。

【エイベックス・チャレンジド・アスリート Twitter】
https://twitter.com/avex_athletes/

【エイベックス・チャレンジド・アスリート facebook】
https://www.facebook.com/avexchallengedathletes/

【金持義和 Official Blog】
http://ameblo.jp/kanaji-yoshikazu/

【金持義和 Facebook】
https://www.facebook.com/kanaji.avex/

2016年7月20日

ジャパンパラ水泳で日本新記録を次々と更新!

7月17日(日)、18日(祝)に横浜国際プールで開催された2016ジャパンパラ水泳競技大会。エイベックス・チャレンジド・アスリートの金持義和選手、峰村パラスイムスクワッドのメンバーが日本新記録・大会新記録を連発し、会場を大きく沸かせました。

金持選手は出場4種目のうち2種目で日本新、残り2種目を大会新で泳ぐ驚異的な結果を残しました。また、峰村パラスイムスクワッドの小池さくら選手は、100m自由形、400m自由形、200m個人メドレーの3種目で日本新記録を更新しています。

ジャパンパラ水泳で日本新記録を次々と更新!

ジャパンパラ水泳で日本新記録を次々と更新!
デフ水泳界の王者として圧倒的な泳ぎを披露した金持義和選手

ジャパンパラ水泳で日本新記録を次々と更新!
壮行会で意気込みを語る峰村コーチ

【記録】

・金持義和(S15:デフ)
50m自由形:24秒35(日本新)
100m自由形:54秒18(日本新)
100m背泳ぎ:59秒02(大会新)
200m個人メドレー:2分12秒57(大会新)

・西田杏(S8/SB7/SM8)
50m自由形:36秒61
100mバタフライ:1分22秒07
200m個人メドレー:3分22秒20(大会新)

・小池さくら(S7/SB6/SM7)
100m自由形:1分22秒67(日本新)
100m背泳ぎ:1分43秒86
200m個人メドレー:3分38秒12(日本新)
400m自由形:5分47秒17(日本新)

・田中正幸(S6/SB6/SM6)
50mバタフライ:46秒54

・三井隆汰(S6/SB6/SM6)
50m自由形:44秒12
50mバタフライ:49秒11
200m個人メドレー:4分13秒67

  • 1
ご意見・お問い合わせ