アスリートレポート

2017年7月23日

高桑早生、木山由加がパラ陸上世界選手権で活躍!

7月14日(金)から23日(日)までの10日間、イギリスのロンドンスタジアムで開催された世界パラ陸上選手権大会ロンドン2017に、エイベックス・チャレンジド・アスリートの高桑早生(T44)と木山由加(T52)が出場。高桑は走幅跳で5位、木山は100mと400mで2位に入りました。

高桑は100m、200m、走幅跳の3種目に出場。最初の競技となった走幅跳、3回目の跳躍で記録した4m80(+0.7)で5位となりました。アジア記録を持つ100m、200mでは、それぞれ13秒69(-0.3)、29秒22(-1.5)でフィニッシュしますが、世界の高い壁に阻まれ惜しくも決勝進出は果たせません。

木山は100mと400mに出場。女子T52クラスは出場選手数が少なく、大会直前になってメダル対象外となってしまい、悔しさを感じながらのレースとなりました。100mでは25秒17(-0.2)、400mでは1分26秒30を記録し、いずれも2位で大会を終えています。

それぞれの戦いを終えて帰国した高桑早生と木山由加。9月に開催されるジャパンパラ陸上など、国内の大会にも出場予定です。2人の勇姿を直接見るチャンスですのでぜひお越し下さい!引き続きのご声援よろしくお願い致します!

takakuwa_wpac_20170715.jpg
5位入賞を果たした走幅跳(高桑)

takakuwa_wpac_20170717.jpg
100mでは惜しくも決勝進出ならず(高桑)

kiyama_wpac_20170714.jpg
メダル対象外となってしまったが、レースで力を出し切った(木山)

【エイベックス・チャレンジド・アスリート Twitter】
https://twitter.com/avex_athletes/

【エイベックス・チャレンジド・アスリート facebook】
https://www.facebook.com/avexchallengedathletes/

【高桑早生 Official Blog】
http://ameblo.jp/takakuwa-saki/

【木山由加 Official Blog】
http://ameblo.jp/kiyama-yuka/

2016年5月 2日

高桑早生、100mアジア新記録を樹立!

4月30日(土)、5月1日(日)の2日間に渡って鳥取で開催された、第27回日本パラ陸上競技選手権大会 兼 リオ2016パラリンピック選手選考会。エイベックス・チャレンジド・アスリートからは木山由加選手、高桑早生選手の2人が出場。高桑選手は100mで13秒59のアジア新記録を樹立しました。

両日とも快晴に恵まれたコカ・コーラウエストスポーツパーク。大会1日目は木山選手が100m、400m、高桑選手が100mに出場しました。4月に大分で400m自己ベストを更新した木山選手は、2レースをまずまずのタイムで走ります。高桑選手はこの日100mのみの出走。アジア新記録樹立に会場からは驚きの声と拍手が起こりました。2日目は高桑選手が200m、走幅跳に出場。走幅跳では5mを超える跳躍を見せましたが、残念ながら追い風参考記録となりました。

両選手は6月4日(土)、5日(日)に新潟で開催されるジャパンパラ陸上にも出場予定。その前に、木山選手はアメリカ遠征、高桑選手は5月8日(日)のセイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎にオープン出場します。引き続きのご声援、よろしくお願い致します!

【記録】
木山由加
100m:2位 26秒47
400m:2位 1分25秒35

高桑早生
100m:1位 13秒59(アジア新記録)
200m:1位 29秒31
走幅跳:2位 5m13

高桑早生、100mアジア新記録を樹立!
アジア新記録を叩きだした100mの高桑選手

高桑早生、100mアジア新記録を樹立!
参考記録となったが5m超えを記録

高桑早生、100mアジア新記録を樹立!
100mの木山選手

高桑早生、100mアジア新記録を樹立!
400mのスタート直前、気持ちを集中させる

2015年5月 7日

3人のエイベックス・チャレンジド・アスリートが大分で走る!

5月2日(土)に大分銀行ドームで開催された「新日本製薬 大分パラ陸上2015」。エイベックス・チャレンジド・アスリートの高桑早生、木山由加、洞ノ上浩太の3選手が出場しました。

ブラジルでの大会から帰国して間もない高桑選手は2種目に出場。100mを14秒09、200m を30秒20のタイムで走りました。木山選手は3種目にエントリー。100m は26秒10、200m 44秒14、400m 1分23秒68の記録を残しています。5000mのみの出場となった洞ノ上選手は、10分54秒44でゴールラインを通過しました。

洞ノ上選手は5月9日(土)のソウルマラソンに。木山選手は10日(日)の岡山県障がい者スポーツ大会にそれぞれ出場予定です。陸上アスリートへの引き続きのご声援をよろしくお願い致します!

3人のエイベックス・チャレンジド・アスリートが大分で走る!
高桑選手

3人のエイベックス・チャレンジド・アスリートが大分で走る!
木山選手

3人のエイベックス・チャレンジド・アスリートが大分で走る!
洞ノ上選手

2015年1月27日

木山由加がオーストラリアで躍動!洞ノ上浩太は日本人初優勝の快挙!!

1月21日(水)から26日(月)まで、オーストラリアのキャンベラ、シドニーで開催された車いす陸上シリーズレースの、サマー・ダウン・アンダー・シリーズ。エイベックス・チャレンジド・アスリートの木山由加、洞ノ上浩太の2人が、夏のオーストラリアで今年最初のレースを走りました。

21、22日はキャンベラでのトラックレース。時折遠くに雷の落ちる雨の中でのレースとなった21日、青空が広がり強い陽射しの下での22日と、木山選手は4種目、洞ノ上選手は2種目に出場します。舞台をシドニーに移した24日も、両選手とも同じ種目を走りました。

洞ノ上選手はさらに26日のOz Day 10Kロードレースに出場。雨が降りスリッピーな路面でのレースとなりましたが、序盤で仕掛けるとそのまま独走状態に突入し、2位に35秒もの差をつけての堂々たる勝利を飾ります。さらにこのレースで日本人初優勝の栄誉も得て、幸先の良い2015年のスタートを切りました。

洞ノ上選手の次のレースは2月22日(日)の東京マラソン、木山選手は3月8日(日)の名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2015の予定です。世界で活躍する2人に引き続きご声援をよろしくお願い致します!

※両選手のコメントはページ下部の動画をご覧ください!

【大会結果】
■木山由加
・キャンベラ
100m:25秒16
200m:49秒48
400m:1分27秒23
800m:2分50秒51
・シドニー
100m:24秒84
200m:43秒60
400m:1分24秒78
■洞ノ上浩太
・キャンベラ
1500m(21日):3分15秒67
1500m(22日):3分5秒93
5000m:10分16秒1
・シドニー
1500m:3分2秒46
5000m:10分25秒15
・Oz Day 10K
優勝:21分35秒4

木山由加がオーストラリアで躍動!洞ノ上浩太は日本人初優勝の快挙!!
キャンベラでのレース初日、雨の中を走る木山選手

木山由加がオーストラリアで躍動!洞ノ上浩太は日本人初優勝の快挙!!
日没後に行われたシドニーでの5000mに出場した洞ノ上選手

木山由加がオーストラリアで躍動!洞ノ上浩太は日本人初優勝の快挙!!
Oz Day 10Kの優勝を決めてガッツポーズでゴールする洞ノ上選手

木山由加がオーストラリアで躍動!洞ノ上浩太は日本人初優勝の快挙!!
優勝者に贈られるカウボーイハットをかぶりインタビューに応じた

2014年11月10日

第34回大分国際車いすマラソン大会、木山由加が8連覇!

エイベックス・チャレンジド・アスリートの木山由加、洞ノ上浩太が出場した、第34回大分国際車いすマラソン大会(11月9日(日)大分県大分市開催)。ハーフマラソン女子T52の木山選手は大会8連覇を達成。フルマラソン男子T53/54に出場した洞ノ上選手は、2位と1秒差の4位でレースを終えました。

朝から降り続いた雨が止んできた頃にスタート。その後も雨が完全に上がることはなく、常に濡れた路面でのレースとなりました。思うような走りができなかったという木山選手は、それでも昨年の自身のタイムを16秒更新する1時間9分54秒でゴールし、大会8連覇という前人未到の偉業を達成しました。 

優勝した選手がレース序盤に抜け出し、2位集団として後を追う展開となった洞ノ上選手。ゴールの大分市営陸上競技場に入ってきた時点で、3人で構成する2位集団の3番手につけていました。トラック1周の短い距離での逆転を狙いますが、わずかに力及ばずタイム1時間28分28秒の4位でゴールラインを通過。悔しさを滲ませた表情でトラックを後にしました。

第34回大分国際車いすマラソン大会、木山由加が8連覇!
(スタートから約2kmの地点を走る木山選手。自身の記録を更新する好走を見せた。)

第34回大分国際車いすマラソン大会、木山由加が8連覇!
(ゴールまであとわずか。水しぶきを上げながら力を出し切る洞ノ上選手。)

第34回大分国際車いすマラソン大会、木山由加が8連覇!
(エイベックス・チャレンジド・アスリートの車いす陸上コンビのますますの活躍にご期待ください!)

2014年9月29日

木山由加、第26回全国車いすマラソン大会で優勝!

9月28日(日)に兵庫県篠山市で開催された、第26回全国車いすマラソン大会に出場したエイベックス・チャレンジド・アスリートの木山由加選手。ハーフマラソン女子一般の部で、1時間12分43秒のタイムで見事優勝を果たしました。

レース後に「体調を崩してからまだ復活していなくて走れるかどうか不安だったが、思いの外走れた。調子が悪い中では結構良い感じだった」と話した木山選手。その安堵もあったのか、表彰式では大きな笑顔が見られました。

今後は、10月12日(日)に地元岡山県で開催の、岡山吉備高原車いすふれあいロードレース大会に出場予定。11月9日(日)には、現在7連覇中の大分国際車いすマラソン大会でハーフマラソンを走ります。「大分でベストが出せるように調子を上げていきたい」と意気込みも十分。これからも木山選手に変わらぬご声援をよろしくお願い致します!

木山由加、第26回全国車いすマラソン大会で優勝!
(レース序盤、集団の中を走行する)

木山由加、第26回全国車いすマラソン大会で優勝!

2014年9月 8日

木山由加 今年最後のトラック競技ジャパンパラリンピックに出場

エイベックス・チャレンジド・アスリートの木山由加選手が「IPC公認 2014ジャパンパラ陸上競技大会」に出場しました。

9月6日、7日に山口県・維新百年記念公園陸上競技場で開催された今大会は、世界選手権、パラリンピック出場への鍵となる重要な大会。いつも以上の気合いで臨む木山選手ですが、海外合宿、国内での合宿から戻り体調を崩してしまいます。

今回、800m、400m、100mの3種目に出場した木山選手。初日の800m出場前に天候が悪化し、会場は大雨に。出場時間には雨はあがりましたがトラックの状態は悪く2分28秒10という記録に本人は納得していない様子。今回の正念場である400mで、アメリカ合宿後に改善したフォーム、トレーニングの成果を全て出し切りますが記録は1分25秒42。自己ベストよりも約5秒遅れをとってしまい、競技終了後は悔しさに涙を流しました。続いて行われた100m競技では、23秒93と、自己ベストの23秒に近づく好成績をおさめ「スタートの出だしで加速がうまく出来ている感覚が伝わり、スピードを出す事ができた。今回の大会で一番調子が良かったです。」と、コメントした。

大会終了後は「自分が目指す所はパラリンピック。でも、このままではリオの大会に出場する事は厳しいが、新しく取り入れたウェイトやトレーニングでもっと自分を高めて出場したい。」とアスリート魂を見せ、ストイックな練習に今後の練習の意気込みを感じました。

今年のトラック競技は全て終了。次回は、9月28日に開催の篠山ハーフマラソンに出場!引き続き応援宜しくお願いいたします!

木山由加 今年最後のトラック競技ジャパンパラリンピックに出場
(800m終了後、記録証受賞式で笑顔を見せる木山選手)

木山由加 今年最後のトラック競技ジャパンパラリンピックに出場
(400m出場直前で気合いを見せた木山選手)

2014年7月 7日

アメリカ帰国から新たな挑戦!木山由加、関東障害者陸上選手権に挑む!

アメリカで行われた2014 U.S. Paralympics Track & Field National Championshipsから帰国したエイベックス・チャレンジド・アスリートの木山由加選手。帰国後早速、東京都町田の町田市陸上競技場で行われた、関東身体障害者陸上競技選手権大会に出場しました。7月5日(土)、6日(日)に行われたこの大会は1日目の天気は雨と天候が悪く、特に気温も低くて選手にとってはコンデョションの悪い1日でした。

木山選手は5日に800m、100m、6日には400mのT52クラスに出場。400mの記録は1分20秒94!なんと、前回の日本選手権から約5秒もタイムを縮める事ができました!

「ジャパンパラ陸上競技会までは日本ではもう大会がないので、貴重な大会」と、トラックを走る感覚や他の選手がいる環境での大会をとても大事にし、レースでは力強い走りを見せてくれました。

アメリカの大会で得た物が多く、今回は少しポジショニングを変えて走行。改善点や課題を具体的に見つけられたようで、とてもスッキリした笑顔の木山選手が印象的でした。次回は、山口で開催されるジャパンパラ陸上競技選手権に出場予定!記録更新に期待です!

アメリカ帰国から新たな挑戦!木山由加選手、関東障害者陸上選手権に挑む!
(400m走にて力強い走りを見せた木山選手)

アメリカ帰国から新たな挑戦!木山由加選手、関東障害者陸上選手権に挑む!
(雨の中での出走後。いつも元気で周りから愛される木山選手)

2014年6月20日

木山由加、陸上競技の日本選手権に出場!

 6月7日、8日に大阪の長居陸上競技場で日本身体障害者陸上競技選手権大会が行われ、エイベックス・チャレンジド・アスリートの木山由加選手が出場しました。

 今大会はT52のトラック競技全種目(100m,200m,400m,800m)に出場。初日の午前中は雨上がりでトラックの状態が悪く、トラックを走る選手にとっては水しぶきが飛んで来て記録が伸びにくい。そんな中でも800mを走り終えた木山選手は「雨の中でもまずまずの記録を残せた!」と、自信につながったようでした。翌日は400m、100mに出場。スタートダッシュで思うようにスピードが出せずに、今回は残念ながら記録更新には届きませんでした。

木山選手はアメリカで行われる2014 U.S. Paralympics Track & Field National Championshipsに出場の為現在渡米中!更に成長した木山選手を7月の関東選手権で見る事が出来そうです。

木山由加、陸上競技の日本選手権に出場!
(初日の午前は雨に見舞われたが、翌日は天候にも恵まれ晴天となった)

木山由加、陸上競技の日本選手権に出場!(100m出走後、思うように記録が伸びておらず悔しさを見せた)

2014年3月 9日

木山由加、名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014を走る!

今年初開催となった名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014に、エイベックス・チャレンジド・アスリートの木山由加選手が招待されました。全10名の女子選手が招待された今大会は、クラス混合で総合順位を決定する形式で行われます。

レース当日の3月9日は晴天に恵まれました。沿道からの大きな声援を背にナゴヤドームから瑞穂公園陸上競技場までの10.5kmを走り、タイム35分05秒の総合順位5位でフィニッシュラインを通過。T52クラスの選手ではトップでのゴールに「同じクラスの選手には勝ちたかったので、その目標は達成できた」と話しました。

木山由加、名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014を走る!

  • 1
ご意見・お問い合わせ